FC2ブログ
やまがた若者サポートステーションのブログ
やまサポからのお知らせや、活動の報告をお伝えします!

教えてキャリコン労働法

令和3年2月21日(日)、キャリアコンサルタントの講師をお迎えし、

講座「教えてキャリコン労働法」を開催しました。

 

労働法を普段から意識しながら働いている人は少ないかもしれません。

しかし、ふとした瞬間に会社が言っていることや行っていることが、

正しいのか間違っているのか、疑問に思うことは皆さんあるのではないでしょうか。

 

参加者の皆さんもこの講座をとおし、労働法に関する知識を正確に持っておくことで、

安心して働くことができることを、改めて学ばれたようです。

 

また今回は「求人のみかた・探し方」について勉強しました。

求人も今はハローワークだけでなく、ネットやフリーペーパーなど多岐にわたっていますが、

それぞれのメリットやデメリットについて知ることができました。

 

求人票というと、給与ばかりに目が行きがちですが、他にも見るべき項目はたくさんあります。

会社の事業は?具体的な業務の中身は?勤務時間は?与えられている休日数は?

正社員の道は開かれているのか?・・などなど。

一つ一つ詳細に見ていくことで、より自分に適した仕事かどうかがわかってきます。

 

やはり就職活動では、「自分を知る」ことも大事ですが、

それと同じくらい「会社のことを知る」ことも大切ですね。

 

参加者からも、「労働法をある程度知っておかないと、自分を守ることができないと思った」

「求人票は自分の関心のある情報ばかりに目が行くので、他の細かい部分まで目を通す

必要があると感じた」

という感想があがりました。

 

今回聞けなかった方も、また開催しますので次回ぜひご参加ください♪


IMG_0253.jpg



新型コロナウィルス感染防止について

皆さん、いよいよ年の瀬ですね。

今年は、新型コロナウイルスに振り回された一年でもありました。

そして、なかなか先が見えず、不安が尽きない一年でもありました。

 

でも、次年度こそは、少しでも希望や明るい先行きが見える年であることを祈りたいですね。

 

さて、雨やどりも含め、やまサポ利用の皆さん全員に改めてお願いです。

やまサポでは、今年の4月から、新型コロナウイルス感染防止のために、いろいろな取り組みをしてきました。

 

それを改めて皆さんと確認したいと思います。


   スタッフももちろんですが、体温を玄関で測定していただきます。もし、37・5度以上の熱がある場合は、利用をお断りさせていただきます。場合によっては、当日の体調をスタッフがお尋ねする場合があります。

   スタッフ、利用者のマスクの着用、手洗い、アルコール消毒、換気を徹底させていただきます。なお、手を触れる場所は、スタッフが清掃時に消毒しております。

   面談の場合は、面談者との間に飛沫防止パネルを設置させていただきます。

   利用者が、東北、新潟以外の地域へ行かれた場合や、ご家族が感染拡大地域から帰って来られた場合は、利用を2週間控えていただくようご協力ください。

   人との距離を十分にとっていただく、大声での会話を控える等にご協力ください。

   その他、感染拡大防止のために、随時、国や県の新型コロナウイルス感染防止対策の基本方針に乗っ取り進めてまいります。

 

ご不便をおかける場合もございますが、

ご理解とご協力をよろしくお願いしますm(__)m

 



オトナの社会科セミナー~おしえて、トスネットさん~

11月11日(水)、この日は色々な記念日ですね(^^)/


代表的なものはポッキーの日ですが・・・他にはチンアナゴの日とか(笑)


さて、そんな記念日が多い11日に、(株)トスネット南東北様がやまサポに来てくださって、会社の紹介や警備のお仕事についての詳しくお話をして下さいました。


ここで、トスネット南東北様について、少し紹介します。


トスネット様は、警備業界の中でかなり大手であり、全国に多くの営業所をもっておられるそうです。

業務内容は主に警備業ですが、その中でもいろいろな分野の仕事をされているそうです。


施設を警備する仕事、交通誘導警備、イベント警備(モンテディオ山形のホームゲームや、昨年は日本一の芋煮会での警備もあったそうです)列車見張り警備、高速道路等のロードスタッフ、AEDや各防犯用品の販売等と・・・多岐に渡っていることがわかりました。


 会社の理念は「社員は財産」であり、「明るく・元気で・素直」な人材の育成に努めているということでした。

研修も充実していて、色々な可能性を求めてスキルアップできるところが魅力だと感じました。

年齢も様々であり、年齢が高くても活躍されている方もたくさんいらっしゃるということ。


 また、AEDを活用した心肺蘇生法講習や、チャリティーコンサート、幼稚園への救命胴衣の寄贈などの社会貢献活動にも多く積極的に取り組まれているそうです。


 やまサポの利用者さんで、このお話を聞いた方からは

「女性はどのくらいの割合で働いていますか?」

「警察の仕事とのすみわけは?」等の積極的な質問が出ました。


警備の仕事についてまったく知らないスタッフも、利用者さんと一緒に参加させていただいて、警備業について知識を深めることができました。


トスネット南東北様には、お忙しい中講話をいただくことができ、本当に感謝です。

ありがとうございました(*^^*)



イオン山形北さんへオトナの社会科見学

10月28日(水曜日)利用者さん5名と

イオン山形北さ店んへオトナの社会科見学に伺いました。

集合後、従業員さんの入口から中へ(*^_^*)。


会議室に案内していただき、早速今日の予定説明

その後、北イオンさんの中を案内していだだきました。


コロナ感染予防のために、店舗のあちらこちらにアルコール液が置いてありました。

さらに、現在は従業員の三密を避けるため、

更衣室もなるべく使用しないようにしているということ(;^ω^)

マスクや手袋、アルコール消毒と

感染防止の対策は徹底されているということでした。


また、従業員として、お客様に対しては、

いつも挨拶と笑顔が大切だというお話もありました。


今回の見学では、こちらの希望を聞いていただき、

鮮魚、精肉、総菜、品出しの仕事を主に見せていだだきました。

生鮮食品の現場では、

お客様にいつも新鮮で安全な品物をお届けできるように

清潔に仕事をされているようすに感激しました。


また、品出しは、かなり正確さが要求されていて、整理整頓はもちろんのこと、

賞味期限を見ること、品物と値札に絶対間違いがないようにということでした。


イオン独自のブランドである「トップバリュ商品」についての説明を受けました。

ポテトチップスやカレールゥ、トイレットペーパー等多岐にわたって

私たちの生活を支えてくださっていることが分かりました。


今回、貴重な時間をとってくださったイオン山形北店の関係者の皆さま、

本当にありがとうございました<(_ _)>






テレワーク講座

令和2年10月1日(木)、8日(木)の2日間にわたり、村山市の甑葉プラザ内にある

コワーキングスペースkokageで「テレワーク講座」を開催しました。


講師はダブルインフィニティコーディネートの齋藤博美先生とS.E.Onetop合同会社の滝口誠先生。

お二人ともITを軸にテレワークを実現されているスペシャリストです。

インターネットなど情報システムを土台とした技術革新が進み、それに伴いモノの価値も大きく

変化している現代。であれば、「働き方も同じように変わっていかなければならない!」という

熱のこもった講義に、参加者もうなずくばかり。


1日目は、テレワークの代表格でもある「WEBライター」でどのように報酬を得られるのか、

その仕組みや方法について教えていただきました。「コワーキングスペースを140字で書く」

というワークにも取り組みましたが、みんな四苦八苦。文章書くって意外と難しい!


2日目のテーマは「プログラミング」。PC画面のキャラクターを上下左右に動かしながら

「ニャー」と鳴かせるにはどうしたらよいか?いくつもの命令を組み合わせながら、

最初は恥ずかしがっていた参加者も徐々に前のめり。甑葉プラザのスタッフさんも飛び入り

参加で、プログラミングされたバッテリー搭載の車体を動かしてくださり、みんな目を大きく

させていました。


齋藤先生も滝口先生も元々は企業に長年勤務されていた組織人。その過程を経て、

「自分に合った働き方」を追求され、今の働き方にたどり着かれたそうです。

「テレワーク講座」ではありましたが、最終的には「どう生きていくのか」という

非常に深いテーマを考えさせられた講座となりました。


「これからの社会を背負っていくのは、まさに参加者のみなさんの世代です。

自分の感性を大切にね!」というエールは、参加者の心にも深く届いていたようです。


CIMG2189.pngCIMG2193.jpg

CIMG2196.pngCIMG2194.png