FC2ブログ
やまがた若者サポートステーションのブログ
やまサポからのお知らせや、活動の報告をお伝えします!

7月5日のオトナの社会科見学でパオラレディさんに行ってきました!

1.jpg


 75日(金)オトナの社会科見学で、寒河江市にある株式会社パオラレディさんに

おじゃましてきました。こちらは、婦人服の縫製を行っている会社です。

 平均して月にトップス10,000着、ボトムス17,000着作られているそうです。

最初に見せていただいたカッティングセンターには、中央のほうから送られてきたデザイン等のデータから、

直接原寸大の型紙を作ってしまう機械や、何枚も重ねた布地で何か所ものパーツを一気に裁断してしまう

大型機械などがあり、普通に工場って感じでした。


DSC_0092.jpg


DSC_0084.jpg



  道路を挟んだ向かい側にある縫製工場では、もちろんですがたくさんのミシンがあり圧巻でした。

7,8人の班に分かれ、班ごとに作る洋服が違っているそうです。みなさんエプロンをかけて作業されていました

が、班のリーダー、サブリーダー、一般とエプロンの色が違っています。わからないことや困ったことがあった時、

誰に聞いたらよいか一目でわかるようにしてあるのだそうです。

 出来上がった洋服に針が残っていないか検査する機械なども見せていただきました。

工場内にはポップなBGMが流れ、少しでも気分よく働けるようにと配慮がされていました。



2.jpg


 武田社長と奥様に、丁寧にご案内やご説明をしていただき本当にお世話になりました。

ありがとうございました。



ブライダル勤体のこと

DSC_0072.jpg
やまサポの勤労体験に「ブライダル体験」が始まりました。
勤労体験とは、まだ働く前の準備段階として、色々な企業さんや事業所さんで
2時間から3時間の間「働くこと」を体験をするものです。
今回は、山形を代表する素敵な旅館「古窯」さんで結婚式のお手伝いをすることになりました。
結婚式会場の準備ということで、今回は全員スーツで集合です。
スーツなんて、ちょっぴり緊張するなあ…(*´▽`*)
DSC_0073.jpg
有限会社「TAカンパニ―」さんの指示で、お花やキャンドルなどを次々と並べていきます。
準備が進み、会場がどんどん完成に使づいていくのを見ているだけで「ああ、どんな方が式があげられるのかしら・・・」とこちらまでが、とっても幸せな気持ちになりました。
DSC_0075.jpg
蝶ネクタイのように結ばれた「ナプキン」・・・なんて素敵なんでしょう。
でも、準備をする方々は、時間との闘いで必死な感じです。
スタッフの皆様の緊張感がひしひしとこちらへも伝わってきました('_')
一生に一回の結婚式ですから、決してミスは許されませんよね。
DSC_0077.jpg
こちらが、完成したテーブルセッティングです。
指示を聞きながら、お花もグラスもキャンドルも完璧な場所に置いたつもりですが、
最後に「TAカンパニ―」さんに確認していただき終了です。
とても、緊張しましたが、有意義な勤労体験になりました。






みちのく通商さんへ(オトナの社会科見学)

CIMG1592.jpg
5月17日(金)、今回は有限会社みちのく通商さんへ、オトナの社会科見学に行ってきました。
ここの会社は、じゅうたんや布団などの大型クリーニング専門店です。
各家庭や事業所さんからじゅうたんやお布団を預かって、クリーニングをします。
ちなみに、ここでは一般的な衣類は扱わないそうです。


CIMG1591-1.jpg
上の写真は、おもに女性向けの仕事だそうです。
玄関マットにコロコロをかけて、目に見えない小さなほこり等を
徹底的にとっているところだそうです。
みちの (1)-1
大きなトラックが入ってきました。
米沢からの洗濯物が届いたそうです。
2トン車いっぱいのじゅうたんや布団をおろしていきます。
これは主に男性が行うそうです。
これから早速洗濯にかかります。
みちの (3)
大きな洗濯機が回っていて、工場の中は大きな声で話さないと
聞こえないほどでした。
みちのく通商さんのおかげで、家庭や事業所のじゅうたんは
いつも清潔なんですね。

みちの (4)
今から洗ったじゅうたんを干していきます。

みちの (2)-1
たくさんの竿を使って、何十枚も干していきます。
後ろで扇風機が回っていて、じゅうたんの乾燥を助けていました。
今回は、中々見ることができない作業現場を見せていただました。
ご協力いただいたみちのく通商の皆様、ありがとうございました。




春めいて

毎年思うことですが、
2月って過ぎるのがほんと早いですよね
他の月と比べて2、3日少ないだけなのに、
どうしてこんなに早く過ぎ行くような気がするのか。。

2月から3月は、
冬から春へ
そして、日本では年度の〆へと
季節が大きく変わり
終わるものは終わり、始まるものへと準備していく
そんな時期だから
時間の流れを早く感じるのかも

今年はあまり雪も多くなくて
冬、、って感じが例年ほどはしなかったこともあり、
気持ちはすでに春めいているような気がします

終わるものは終わり
始まるものに向けて準備する
そういう区切りもまたいいものかもしれません


オトナの社会科見学 @ ポリテクセンター

少し間が空いてしまいましたが12月26日にオトナの社会科見学(ポリテクセンター)に行ってきました。
ポリテクセンターへの見学はサポステでは7月にも行っており今回が2回目でした。

ちょっと入口が分かりにくく、、、(;^ω^)迷ってしまった方もいましたが、逆に言えば1度覚えてしまえば
絶対に忘れない!場所でもあります。

始めに担当の方からポリテクセンターの概要を丁寧に説明していただき、その後実際に訓練棟を案内
していただきました。ポリテクセンターでは大きく分けて

“電気設備技術科”

“住宅デザイン施工科”

“溶接施工科”

“NC生産システム科”

“福祉住環境サービス科”


がありそれぞれの科の専門的な技術を身に着けることができるカリキュラムが組まれています。

今回は午後の時間帯での見学だったので、実際に訓練している方々の様子も見れて、また訓練
の終わりの時間間際だったので、訓練棟もじっくりと見学させていただくことが出来ました。

“電気設備技術科”では電気設備工事等の配線を見せていただいたり、
色々なセンサーや制御装置を見せていただきました。
ポ1


写真の赤い小さな箱↓はエレベーターの模擬装置のようなものでした。↓↑
ポ2


“NC生産システム科”では部品を研磨する機械を見せていただいたり、PCでソフトを用いて図面の
読み書きをする作業を見学させていただきました。
ぽ5



“溶接施工科”では実際に訓練の中で作ったブックスタンドやなんとバーベキューコンロまで!あり
ました。自分の作ったものが実用的な形になるっていうのはモチベーションも上がりますよね!
ポ3


“住宅デザイン施工科” ・“福祉住環境サービス科”では実際に訓練している方々が作られたバリア
フリーの仮設の家が外壁まで含め作られており、その完成度の高さに我々見学した利用者さんスタ
ッフもびっくり!でした。
ポ4


どの科もそれぞれの魅力たっぷりで見ていてワクワクしました。
担当のスタッフさんも熱意溢れる方で、利用者さんの質問にも丁寧に答えていただきました。

専門の技術を身に着けた“マイスター”になりたい!興味がある!という方はぜひ一度見学されてみ
るといいのかな、と思います。

ポリテクセンターは訓練説明会・見学会等も随時実施されているので気になる方はポリテクセンター
さんに直接、またはやまサポスタッフの相談担当までお問い合わせください。